ライン

 特別警報発令時の対応            配布文書「気象警報発令時の児童・生徒の登下校について

 ◎ 特別警報が2013年8月30日から運用が開始された。それに伴い、御杖村教育委員会および小中学校でも次の項目を追加しました。

  登校前に特別警報が発令された場合  公共機関からの指示に従ってください。

  登校後に特別警報が発令された場合  解除されるまで学校待機とします。

     「特別警報」が発表されたら、ただちに命を守る行動をとってください。

           ≪参考≫  気象庁 「特別警報について」   発表基準  Q&A

 気象警報発令時の対応 


   対象地域 ・・・ 御杖村 のみ  警報の種類 ・・・ 大雨・洪水・暴風・大雪


 午前6時30分現在 警報が発令されている場合   自宅待機

    ① 午前6時30分現在、御杖村に気象警報が発令されている場合は、登校しないで自宅で待機する。
        村内放送で 『自宅待機』 の指示がある。  

 午前8時までに 警報が解除された場合   午前9時までに登校

    ② 午前8時までに警報が解除された場合は、9時までに登校する。 スクールバスは 50分 遅れで出発、学校は1時間 遅れで開始する。
         村内放送で 『登校』 の指示がある。 バス利用者は時刻を確認する。

 午前8時現在 引き続き警報が発令されている場合   臨時休校

    ③ 午前8時になっても警報が引き続き発令されている場合は、臨時休校とする。
         村内放送で 『臨時休校』 の連絡がある。
         その後の対応については、学校より連絡する。

 登校後に 警報が発令された場合   状況に応じて下校させる

    ④ 登校後に警報が発令された場合は、状況に応じて村教育委員会と学校とで対応を協議し、授業を中止し安全に留意して下校させることあがある。
         下校させる場合は、村内放送で対応を指示・連絡する。
 
    気象警報の発令が予想されるときは、テレビ(dデータ)等で詳しい情報を得るとともに、村内放送を注意して聞くこと。


 大地震(震度5以上)が発生時の対応

 在宅時  原則として 臨時休校

    原則として臨時休校とする。保護者は登校させないで、自宅で待機させること。
         その後の対応については、学校からの連絡や村内放送の指示に従うこと。

 登校時  状況に応じて下校させる
    徒歩・自転車通学者 ・・・ 周りの様子を確かめ、安全なところに身を寄せ、自宅か学校のどちらか近いほうに避難する。
    バス通学者      ・・・ バス停またはそれまでの場合は、安全なところに身を寄せ、その後自宅に避難する。
                       バス乗車中の場合は、運転士の指示に従う。
 在校時  先生の指示に従う   
    授業を打ち切り、安全を確かめ、保護者に生徒を引き渡す。
 校外学習時  活動を中止する
    学習活動を中止し、生徒を安全な場所へ避難誘導する。安全を確かめ速やかに帰校し、保護者に生徒を引き渡す。

  生徒の引き渡しについては、学校からの連絡や村内放送の指示に従ってください。
  大地震の場合は、通信不能となり上記のような対応ができない場合があります。そのときは、臨機応変に対応してください。
  家庭でも、緊急災害時の対応に備えて、避難場所やその経路、災害が起きた場合の行動について話し合っておいてください。
Copyright (C) 御杖村立 御杖中学校. All Rights Reserved.